HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

わがまま、それは命がけの夢! 「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

わがまま、それは命がけの夢!

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

f:id:HAL8192:20190105133827j:image

 

あらすじは筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを12歳の時に発症した鹿野は、いつも王様のようなワガママぶりで周囲を振り回してばかりいたが、どこか憎めない愛される存在だった。ある日、新人ボランティアの美咲に恋心を抱いた鹿野は、ラブレターの代筆を田中に依頼する。しかし、実は美咲は田中と付き合っていて……。引用元 映画.com


筋ジストロフィーにかかった主人公が命がけで、生き抜くサマを見せる映画。実話の物語であり、物語的に脚色されていても、根本は力強い。


障害者の問題をヒシヒシと感じさせる重い映画、というよりユーモアに包んで、暖かく伝えるような内容になっている。


また、主人公が極度のわがまま体質であり、それが良いも悪いも引っくるめてこの作品を彩っている。彼のいうわがままはいつも大したことのない事のようだが、実は命をかけて言っていることで、真剣そのものだ。


それでいて、主人公の反対の目線、ボランティアの目線からも物語が語られるが、割と最初の方にボランティアなら誰もが思う言ってはいけないワードを言ってしまうのがこの映画の良いところだと思う。(思っても言ってはいけないという暗黙の領海があるところを言ってしまう)


最初のここで言うことで、空気感が一気に変わる内容になっており、それでいて、この作品のボランティアのあり方を語ってくれている。


ただ、ボランティアのカップル問題は物語に深く関わってくるが、そこまで重要な問題ではないと思ってしまう。そしてこれは実在にはいない映画内カップルの話だと思うと、ちょっといらない部分にも感じてしまう。


しかし、主人公を演じた大泉洋は本当に傍若無人だが憎めない良いキャラクターを演じていたし、何より存在感が素晴らしかった。実在感がありありとあった。

 

物語の盛り上がりが何度か訪れるが、そこで、挫けず、わがままを貫き通す根性は見ていて、始めに感じていたわがままの感情とは別にこの人にはこの人の意思が強くあるのだと感じさせられる。

 

力強い思いが、奇跡を生むとかそういうのではなく、自分の命は自分で決めるという意思の強さが本気で伝わってくる。

 

全体を通して見た時に、非常に良い味わいで作られており、障害者映画として貴重な一本に仕上がったと思う。

世の中は?「つまんない つまんない」

世の中は?「つまんない つまんない」

f:id:HAL8192:20190104163109j:image

 

と、答えたくなる。のが、大人になる事だと思っている。しかし、こういう本を大人買い出来るのも大人になったからだとも言える。

 

ヨシタケシンスケさんという作家さんで、非常に味のある絵を魅力にした人だが、その最たる特長は独特の思考センスだ。子供が思うユニークな思考実験の結果が面白い。今作は何が「つまんない」のか?という事に徹底的に考えぬくという非常に面白い考えで、物語が進んでいく。

 

主人公がつまらない状態になってから、面白い事を探すのが普通だが、逆に「つまんない」について徹底的に考えぬく。主人公の男の子が考えるユーモラスたっぷりの思考が楽しさいっぱいに広がっていく。

 

それを「つまんない」という題材でやってのける。いつもと違う事が面白い事か?ゴチャゴチャしてれば楽しいのか?それとも自分に関係ない事が面白くないのか?思い通りにいかない事がいけない事か?

 

どんな時に「つまんない」と感じるのか?他の人は?他の動物は?他の物は?この感情を感じているのか?

 

世界一つまんない遊園地ってどんなところか?

 

などなど空想に浸っていく。そんな空想を繰り広げる事は意外と面白いのは何故か?

 

そして主人公が考える。つまんないと面白いの違いとその中間点。また、よく考えたらある「なーんにも考えていない時」の事。この感情をなんと言えば良いのだろうか?

 

そもそもこの感情はなんなのか?この感情の最大はいつ訪れるのか?一体何歳で、どのくらいの規模で現れるのか?

 

楽しそうだけど、つまんない人がいるのか、はたまたその反対は?

 

大人はつまんない時にどうするのか?その答えは?

 

で、その答えが載っているのだが、可愛らしい結論で、この終わり方はこの本らしい綺麗な締め方だ。

 

また、自由に投稿出来る〇〇が〇〇だとつまんないが、投稿出来ないくらい面白い内容が載った内容で、良かった。(新品を買ったから、付いてくる良さだ)

 

この本以外にもヨシタケシンスケさんの作品は面白いものが多いから今後も買っていきたいが、流石に新品の絵本はコストパフォーマンスが悪いな……(単価を考えると仕方がないが)

 

寝正月のススメ「布団の誘惑」

寝正月のススメ

「布団の誘惑」

f:id:HAL8192:20190103194114j:image

 

正月三が日は基本暇だ。実家に帰省して、それで、映画を見るでもなく、漫画を読むでもなく、持ってきていた学術書には身が入らず、結局のところ布団の誘惑に負ける。

 

これが背徳的で心地よい。自堕落の極みを新年早々やっているのが良いのだ。最高だ。

 

実際に忙しい人には申し訳ないが、正月は暇なのだ。寝るには本当に丁度いい。日頃の疲れがこの正月の中で癒されるのは実にいい。

 

映画を見ないでストレスを解消される感じ、布団にストレスが吸い取られていく感覚がたまらない。

 

正直なところ、今日は寝て過ごしたせいで、ネタがない。だが、それで良い。そう思えるほど爽快に眠れた。

 

映画系ブログとしてはいけないが、そもそも映画「系」ブログで、結構適当に書いているからいいだろう。

 

そんなに辛い縛りをしているわけではないし、そもそもゆっくりまったり書いているのが、私のブログだ。

 

だから正月三が日くらい本来休んでもいいのだが、習慣で一日二日と書いてしまったから、こんな感じになったがまあいいだろう。

 

そもそもダラダラ書いている備忘録だからこんな感じで良いのだ。そんなにきっちりしていたら続かない。あと今年の365本目の記事までは毎日投稿と決めてしまったから頑張っているが、それが終われば、多分適当なブログになるだろう。それは残念だが、一年続けたという事が大事な事だ。

 

あと、学術書を読まないといけないが、スキャニングは終わっているから、文章にまとめればいいだけなのだが、それが苦痛だ。しかしそれはやらないといけない……

 

まあ、結局のところ、疲れていたから布団の誘惑は素晴らしく心地よいから寝れる時は寝るのが一番いいという非常に至極当然な結論が出た。

 

当たり前だが、寝ることは大切だ。それだけが伝われば十分だ。映画を見て、それが記憶に定着しなければ意味がないのと同じだ。睡眠時間は削って映画を見るのは楽しいが程々にと感じた1日だった。

 

自分の愚かさを認めるのは難しい「シュガー・ラッシュ・オンライン」

自分の愚かさを認めるのは難しい。

シュガー・ラッシュ・オンライン」

f:id:HAL8192:20190102184807j:image

 

あらすじは好奇心旺盛なレーサーでプリンセスのヴァネロペと、心優しい悪役キャラクターのラルフは大親友。ある日、ヴァネロペが暮らすアーケードゲームシュガー・ラッシュ」が故障し、廃棄処分の危機に陥ってしまう。シュガー・ラッシュを救うべくゲームの世界から飛び出した2人は、刺激的だけど恐ろしい危険も潜むインターネットの世界に足を踏み入れるが……。アナとエルサ、シンデレラ、白雪姫らディズニー作品やピクサー作品のプリンセスたちをはじめ、多数のディズニーキャラクターが登場する。引用元 映画.com


前作から楽しい日々が続いていたが、そこに憤りを感じ始めるヴァネロペと毎日に不安なんかないラルフ。そんなある日、ある出来事をキッカケにシュガーラッシュの世界は崩壊することになる。そしてインターネットの世界にシュガーラッシュを救う手段があると知り、ネットの世界へ!


そこから物語が始まるが、これが物凄い作り込みだ。前作ではゲームの世界の作り込みだったが、今作ではインターネットという膨大な世界を作り込んでいる。


これが本当に細かく作り込んでいて、一回見ただけでは全て理解するのは難しいと言った具合だ。ここの作り込みや擬人化は面白い。


そして、二人はなんとかシュガーラッシュの危機を乗り越えるアイテムをゲットするが……


ここから、お話が二転三転する。まず、ヴァネロペがスローターレースというレースゲームでレーサーとしての実力を見せつけるシーン。ここがある意味今作での重要なポイント。(ヴァネロペがなんになりたいのかが重要になってくる)


その後、ラルフがバズチューバーという動画サイトで人気者になる話。(ユーチューバーとほぼ同じもの)


そして最後に、ディズニー協賛だから出来るディズニーワールド全開世界観の舞台のとんでも世界。マーベル、ピクサースターウォーズの世界を全開にしてこれでもかというほどかというほど見せつける。


そして、プリンセス専用ルームに迷い込むが、ここが一番の山場と言っていい。ディズニーのプリンセスたちが一同に介して、物語を盛り上げる。


この後の展開はネタバレを大きく含むため書かないが、非常に素晴らしい内容だった。特に大人向けの内容で、自分の愚かさを見つめるという非常に高度な内容だった。(二人ともワガママだと言えるかもしれないが、誰にだって変化は訪れる)


その後のアフターストーリーも見事で、小ネタ満載の素晴らしい内容だった。特に聞き取れない子育て論は笑わせてもらった。


総論として、インターネットの世界という面白い舞台を使って、作られた優れた作劇だった。

悪役は「ヒーロー」にはなれないのか? 「シュガー・ラッシュ」

悪役は「ヒーロー」にはなれないのか?

シュガー・ラッシュ

f:id:HAL8192:20190101134257j:image

 

新年一発目の映画は現在続編公開中のこの映画。日本語邦題が原題とは違うが、まあ音楽の関係だろう。

 

あらすじはアクション・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の敵キャラを30年間も演じているラルフ。人々から嫌われている状況にうんざりしていた彼は、自分のゲームの世界を抜け出してお菓子だらけの世界でレースが繰り広げられるゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ。そこで彼は、仲間外れにされてレースに出ることを禁止されている少女ヴァネロペと出会う。お互いに孤独を抱えていた彼らは意気投合し、友情を深めていくように。だが、違うゲームのキャラクター同士が遭遇することはゲーム世界のおきてに背く行為であり……。引用元 シネマトゥデイ

 

主人公のラルフはレトロゲームの悪役で、誰かに認めて貰いたいという原初的な承認欲求を、ゲームの世界という特殊な世界で描いた作品。


レトロゲーマーにはたまらないネタやキャラクターさらにはコナミコマンドまで飛び出してくる滅茶苦茶な世界観だが、それでいて無理なくどこか懐かしさを感じさせる作りになっている。

 

日本のゲームーも多数参加しており、ザンギエフが悪役キャラだとかいう面白い小ネタも用意されている。

 

またヒロインのヴァネロペの衣装も原宿系のファッションKawaiiを意識した良いデザインをしている。

 

ヒロインの可愛さはじゃじゃ馬的で、小憎たらしい感じがして好きだし、ラルフの鬱屈とした感じと感情的で破壊的な様子もなかなか良く出来ていてキャラクターにも魅力が光る。

 

また、レトロなゲームと最新機種のゲームのデザインとのギャップを面白い視覚表現で表していて、なかなか良く出来ている。また、ゲームの世界という事を舞台にしているが故に死というものが曖昧になるが、キチンと設定で説明されるから納得が行きやすい。


また最初のただ「ヒーロー」になりたかった彼から、最後のオチの悪役である主人公の「ヒーロー」という物への考え方の成長は感動ものだ。

 

それでいて、自分とは何かというものを解いている内容で、かなり深い内容になっている。最後の今まで見えていた風景がある意味一新するというのはなかなか深いオチのつけ方とも言える。

 

小ネタ込みで、版権的に厳しかっただろうものを全てクリアにしている感じが本気を感じさせる一本だった。(続編を今日観に行くからこの記事を執筆中)

 

皆さんも新年から映画を楽しめますように……

 

年間ベスト10!「2018年度」

年間ベスト10!

「2018年度」

f:id:HAL8192:20181231201451j:image

 

今年度も何だかんだ旧作込みで、235本以上見ることが出来た。まあ何だかんだ見ることが出来たという印象だ。年末の忙しいこの時期に最後に取り敢えず書いていこう。


10位 シェイプ・オブ・ウォーター

何だかんだアカデミー賞を取っているだけある作品だった!あと異形の存在に対して素晴らしい愛情があった作品だった。

 

9位 「アヴェンジャーズ IW」

特にいうことがない圧倒的暴力映画。

強引にこの順位にねじり込んできた!

 

8位グレイテスト・ショーマン

評論家と市場の違いがそのまんま映画どうりで、良い意味で興行的で素晴らしいミュージカル映画だった!

 

7位 「レディ・プレーヤー1」

サブカルの最高作品というか、あの時代への愛情あふれた傑作。何と言われても良い物は良い!

 

6位 「カメラを止めるな」

低予算映画の根性を見せつける現代映画!本当に異常な映画愛があふれた良い映画だった。

 

5位 「インクレディル・ファミリー」

個人的には最高の続編だった。とにかく大好きなシリーズの続編を見れただけで最高の体験だった。

 

4位 リメンバー・ミー

あの世をピクサーが本気で作り上げたこの出来は認めざるを得ない素晴らしい内容だった。メキシコ文化込みで挑戦的な内容だった。

 

3位 若おかみは小学生!

完全なダークホースな作品。座組みの強さ、監督の才能、原作の持っていた素晴らしさ、児童文学なめてた自分には完全にサッカーパンチだった!

 

2位パディントン2
最高クラスのウェルメイド作品。全年齢作品であるのにどこまでも最高に明るい世界観。とにかく伏線の貼り方も見事だった!

1位犬ヶ島
日本人としては最高の内容だった。あんな風変わりな世界観は見ていてこれぞ映画だと言わんばかりだった。この物語こそが、素晴らしいセンス・オブ・ワンダーを感じさせられた。

これが総決算だが、まだ、バーフバリやダンガル等の良い作品もあったが、取り敢えずこんな感じが、私の今年のベストだ。(バーフバリは2作合わせての作品だし、なんとも入れにくかった)

 

なかなかあたり年だったが、上半期の方がいい作品が多かった印象だ。他人の意見にケチをつける気は無いが、絶対に犬ヶ島は今年の中でも特に上位だとは思う。

 

ワーストは特には思いつかない。今年は悪い作品に当たらなかったと言える。素直に良かった。

 

来年も今年度くらい良い年でありますように……

 

圧倒される音楽の力強さ! 「アリー/スター誕生」

圧倒される音楽の力強さ!

「アリー/スター誕生」

f:id:HAL8192:20181230161812j:image

 

あらすじは音楽業界でスターになることを夢見ながらも、自分に自信がなく、周囲からは容姿も否定されるアリーは、小さなバーで細々と歌いながら日々を過ごしていた。そんな彼女はある日、世界的ロックスターのジャクソンに見いだされ、等身大の自分のままでショービジネスの世界に飛び込んでいくが……。引用元 映画.com


とにかく、レディーガガ演じるアリーの歌声はほぼ満点に近い出来栄えであり、ここを貶すことはないだろう。十分に魅力的に見えた。これだけでもこの映画を見にいく価値があるといっても過言ではないレベルだ。


ただ、アリーがどのような映画的な問題を抱えているのか、主人公特有の問題は何かという葛藤の面はかなり薄く味付けされていた。


むしろ、その面、問題を抱えているのはアリーを見出したジャクソンにその役割が大いにのしかかっている。


もう特別有名なアーティストである、ジャクソンの苦悩、難聴というアーティストにとっては重大すぎる悩みが見て取れる。むしろ苦悩という面ではジャクソンの方がピックアップされているように感じられた。


主人公は実質アリーとジャクソンの二人といっていいだろう。スターに上り詰めるアリーと引き上げると同時に重大な物を失いつつあるジャクソンの対比がこの物語の肝だ。


実際にはこの作品はジャクソンを演じたブラッドリー・クーパーが裏の主役を演じていて、彼が監督・脚本も手掛けているから、実際彼の映画だといっても良いほどの演技だった。(音楽も出来て、本当に凄い役者さんだと感心する)

 

また、薄味な主人公といっても見せたが、あえての選択だと言える。別に飾らなくてもそのままで、レディーガガという特別な存在を表していると言えるから、彼女の成功譚として見せられるのだ。


結末は何度もリメイクされた作品のため、有名だったらしいが、私はスター誕生シリーズ初見だったため、素直に展開に驚いた。(なるほどと唸るものだったがあえては書かないでおこう)


物語は王道の展開を繰り広げる序盤から、中盤の盛り上がりまで、安定しているが、後半は先に述べたように驚きの展開が待っている。


ある意味ベタな成功物語だと思って見ていたが、なかなか深いものがあった。


それの答えを歌声で完全に表現しきっているのは流石といったところか……