HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

猫という至高の生き物について

今週のお題「ねこ」だが、本来は2月22日「ニャンニャンニャン」という事で猫の日だったらしいが、そんなのは知らない。

 

そもそもお猫様にルールのような何かで、縛り付ける発想自体がナンセンスだ。(忘れていただけ)

 

という事で、今日は私のお猫様フォルダを開け、ネットの海からサルベージした美しき生物をお見せしよう。

f:id:HAL8192:20180224111324j:image

一つ目は我々人間から最も愛らしい表情とともに、お食事をなさっている写真だ。なんとも神々しいお姿だろうか……

f:id:HAL8192:20180224111454j:image

2枚目のお写真は白と黒の究極の芸術品とも言える。このお姿を目にしたものは心臓を五寸釘で打たれたような衝撃を食らう事だろう。

f:id:HAL8192:20180224111743j:image

三枚目はなんとあのお猫様の「肉球」にワンタッチ10円という安値で、触れるという神企画だ。1万円払えば、千回もプニプニできるのだからと、大勢の人が押し寄せるに違いないがどうもジョーク企画だったらしい。(相場ならワンタッチ1万円がいいところだろうか……)

f:id:HAL8192:20180224112638j:plain

 四枚目のこの写真に言葉などいらない。ただただ、その肉眼でご尊顔を眺める。ただそれだけで、全ての苦痛がモルヒネを静脈注射したかのように引いていく。

f:id:HAL8192:20180224112825j:plain

 5枚目の写真は少しいびつだ。お猫様は何を見ているのだろうか?もう帰ってこない彼を捉えているのだろうか?

f:id:HAL8192:20180224112932j:plain

6枚目の写真に言えることはただ一つ

 

Kawaii

f:id:HAL8192:20180224112948j:plain

7枚目の写真には、あれ、ただの段ボールしか映っていない???

すまないが、データが書き換えられているようだ。

f:id:HAL8192:20180224113007j:plain

8枚目に言えることそれは……

美しく、眩い、奇麗で、麗らかで、耽美だ

f:id:HAL8192:20180224113025j:plain

9枚目に言えることは、休日のお猫様のお姿だ。

休まれているのにも関わらず、貫禄と優雅さをかねえ備えた佇まいは流石としか言いようがない……

f:id:HAL8192:20180224113056j:plain

 最後に10枚目、圧巻のアングルだ。

海、砂浜、後ろを振り返るお猫様……

全てが、混然一体となって、究極的な美を追求している。

 

とまあ、大量にあるあるフォルダの中からほとんどランダムで、選ばれた写真たちだが、どれも素晴らしいものばかりといえるだろう。(一枚紛失していたが)

 

さて、基本的前提条件として、人間がお猫様を敬うように、世界で最もかわいらしい生物がお猫様で、あるように一つの事実が存在する。結局のところ…………

 

我々より、猫生は短いということだ……

f:id:HAL8192:20180224115359j:plain

15年という月日を長いと考えるか、短いと考えるか…………

それが、問題だ。