HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

もらっている事前提で話を進めていても……

今週のお題が「ホワイトデー」だった。

言いたい事が分かるだろうか?

貰っても、あげてもいない人がこの単語を見た時の感情が……

 

正直に言おう。興味がない。バレンタインデーまではまるで、お祭りのように騒ぎ立てるが、学校も休みに入るこの時期には誰もこんな馬鹿馬鹿しい話題に食いつくわけがない。

 

故に、悔しくない。一ヶ月で綺麗に出来たカサブタをベリベリと剥がされるような真似をされてもだ!

f:id:HAL8192:20180310142120j:image

さて、もらってもいないものを返すわけにはいかないわけだが、一応「義理」はもらったような人もいるだろう。

 

あれ、本当にどうすればいいのだろうか?

わざわざ「義理」だと、わかりきっているものに丁寧にプレゼントし返すのはおかしいだろう。

 

だが、相手の人が、「義理」であっても返して欲しいという人や万が一、億が一「義理」でなかった時はどうすればいいのか??

 

正直、こうゆう事があるから「ゴディバ」さんはちゃんとこの文化を間違っていると言ってくれたのだろう。

 

そもそもなんで、バレンタイン様が白く塗られた日として、3月14日なんて中途半端な日に何をやっているんだ。こんなの日本発祥の百年経っていない歴史なき文化なんだから、と切り捨ててもいいではないか!

 

と思ってしまうほどだが、それでは他の日本発祥の歴史なき文化に申し訳がないので、たとえお菓子業界の陰謀だとしてもだ。

 

さて、ではどうすればホワイトデーなどという悪しき風習を根絶するにはどうすればいいか!

 

これは地道な草の根運動が効果的と言える。単純に「義理」には返さないということだ。

次に大規模な方法だが、学校側がそもそも持ち込み禁止&休みにしてしまうというのが重要だろう。

 

会社の場合は基本的に全員に対して一斉に「義理」を配るため、男性社員一同から女性社員一同に何か渡せばまあいいのではないだろうか?

(ここは完全に義理なので対処しやすい)

 

とまあ、こんな生殖行動の一環を遠巻きに考察して見たが、なんというか、馬鹿馬鹿しいものだ。そう、本当に馬鹿馬鹿しいのだ。