HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

LSD並みの映像美「マインド・ゲーム」

言葉で表しきれない全力の疾走感!

アニメ映画「マインド・ゲーム

f:id:HAL8192:20180326040619j:image

そもそもアニメーションとは、ラテン語のanima(アニマ)霊魂に由来しており、すなわち命がないただの線の集合体に過ぎない物に命を吹き込ませ、躍動させ、感情を持たせる事である。

 

この作品はその原初的なアニメーションの動かすという喜びを圧倒的なエンターテイメントと、LSDをキメながら作ったとしか思えない色彩美で表し、躍動感タップリにキャラクターを動かしている。

 

あらすじは

幼なじみの初恋相手みょんちゃんに再会した西だったが、借金の取り立てにきたヤクザに惨めな殺され方をしてしまう。未練たっぷりの西は神様に逆らって再び現世に舞い戻るが、今度は巨大クジラに飲みこまれてしまい……。引用元 映画.com

とわけがわからないものかもしれないが、それが凄い!ストーリーそのものは正直、荒唐無稽で、ご都合主義で、ノリと勢いだが、根底にある物は誰もが一度は触れたであろう哲学や思想がしっかりとある。

 

何よりも、素晴らしい「絵」の力!
それが動く、跳ねる、飛ぶ、掛ける、泳ぐ、走る、走る、走る、走り抜ける!!

ありとあらゆる映像体験をギュウギュウに103分という短い時間に溢れんばかりに押し込んでいる!

そのスピード感たるやブレーキのイカれたジョットコースター(軽量化のため、安全バーは外しております)に、エンジン全開120%の勢いで乗り込んだようだ!

 

また世界観が大阪を舞台にしており、声優陣を吉本のメンツにしているのが、なかなか良い味を出していて、とても良い。

またキャラクターも素晴らしく、特に主人公の実在感がありありと伝わってくる!

 

そしてラストシーン、ある意味では意味不明支離滅裂なシーンの連続にも見えるが、「ありえたかもしれない可能性」だと思っている。

とにかくギミック炸裂のオンパレード!
2次元アニメーションの一つの到達点と言われているのがよく分かる一本だった。