HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

応援するのはどっち?「パシフィック・リム アップライジング」

最高の子供の夢を叶えてくれた映画の続編。

パシフィック・リム アップライジング

f:id:HAL8192:20180415185714j:image

内容はああ中国資本がガッツリ入ったなと分かるストーリー……

一応あらすじは、前作から10年後、平穏を取り戻しはずの地球に進化を遂げたKAIJUが現れたことをきっかけに、新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちの戦いを描く。引用元 映画.com

 

正直、前半は前回からの続きの部分を急造したためか、手ぬるい……

というか、ストーリーの大味化が進み、10年も怪獣が現れていないのに「イェーガー」の量産化か、衰退化がバランスの悪い作りになっている。設定では有人型がなくなりつつある中で、無人機が作られる計画にゴーサインが出る寸前だが、単純に「」と同様で一つの会社がそれを全てコントロールできるなんてありえないし、危険すぎる。

 

この辺が中国資本の会社が仕切っていて、世界は中国に支配された2030年代中盤の話に見えてきてしまった。

 

まあ、ここの序盤はいいとして、ある敵が現れるが、そいつとの戦闘は別に見たくない……

それを見るなら似たシリーズがあるし……

 

と、ここまでまあ及第点くらいだったのだが、後半追い詰められてからが本番といったところ!!

 

中盤の危機をギリギリ乗り越えたと思ったら、なんと最後の最後で敵の襲来とそれに備えての最終決戦。

 

これが本当に良い。ここだけは90点台が出る。特にアイツがああなってしまった瞬間!

 

本当に最高!!!

 

応援する視点がガラリと変わり、心の中で負けるなと叫び、攻撃を食らうたび踏ん張るんだと思い、きっと正義は勝つと信じる!

だから、諦めずに戦い続けるんだ!!!

 

と、そんな妄想を繰り広げるほど熱い戦いだった。最後は、伏線もしっかりしており、なかなか良い戦いと衝撃の瞬間これは是非、劇場で興奮してほしい。

 

総論として、前作よりもストーリー的なツッコミどころは増えたが、最高の瞬間があったため高得点を叩き出した映画。(あの瞬間に乗れないと面白くはないかも……)