HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

何が入っているか?「カバンの中身」

今週のお題「カバンの中身」

昔は人に道を聞くためや何かを断るために壊れたiPhoneをカバンの中に入れていた。

f:id:HAL8192:20180419191757j:image

知り合いでも、iPhoneが壊れていて、電源がつかないからと言えば面倒な誘いを断れるし、人に道を聞くときに理由に出来るからという理由で、持ち歩いていた事があった。(一度知り合いに使った為、もう一度新機種になるまで使えないが)

 

あとは普通に筆記用具とノート

読書用の本

薬一式

財布

IMAX用メガネ

壊れていないiPhone

イヤホン

モバイルバッテリー

と言ったところだろう。

 

まあ、今思えば数百グラムで、現代人が目に見えてわかる不幸を持ち歩いていたのはある意味合理的だったと言える。

 

今後もきっと旅に出かけるときは壊れたiPhoneはカバンの中に入れておく事だろう。誰かにわかりやすく困っているという事が出来るのは十分に便利だ。

 

現代の不幸の象徴として、とてもわかりやすい同情を引く事ができるし、何より誰かを頼る理由になるのはありがたい。

 

後、入れておいて面白いものと言えば、何だろうか?

 

ティッシュ・ハンカチ類は入れておいて損はないが、面白みに欠ける……

お守り等はまあ飾りだろう。

 

やはりオススメは壊れて、文明の力を借りられなくなったと堂々とアピールできるiPhoneは便利だと言えるだろう。目の前に明らかに壊れたiPhoneを持った人が道を聞いて来たら不自然さがないからだ。

 

逆にいうと壊れた様子のないiPhoneを持っているのに現代で、道を聞くのはあまりにも不自然だ。

 

そんなあまりにもどうでもいい、絹ごしどうふよりもプルプルのメンタルを持つ私の意見はこうなった。半分ネタ記事になっているが、今の時代、iPhoneを持って道を聞くのはそれなりに勇気がいるのは確かだ。