HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

何度でも君に恋をする「50回目のファーストキス」

何度でも君に恋をする。

50回目のファーストキス

f:id:HAL8192:20180527164617j:image

あらすじは水族館で働く軽薄男のヘンリーは地元のカフェでルーシーと出会い、恋に落ちるが、ルーシーの記憶は過去の事故によって1日だけしか持たなくなっていて…………

 

何度でも彼女に恋をする、ただそれだけのお話。とにかくギャグセンスが抜群に高く、物語全体の空気感を和らげ暗い話になりかねないところをなんとも見事に調整している。

 

そして、要である恋のパートだが、軽薄な男だった主人公が一途な男に変わって行く様はもちろんの事、全体的にみずみずしい優しさに満ちていて、見ていて心が休まるような優しい展開が多い。それに付随してギャグも多いから、気が楽に見れる。


それでも根底にある彼女が忘れてしまっても、恋した事を覚えてしまっているから離れられない。という純粋な気持ちには感動させられることになる。

 

ストーリー全体の流れもギャグを挟みながらテンポ良く進んで行くので、心地いいのもあるし何より話そのものが面白い。

 

また、彼女の中で時間が経過していないから故のギャグシーンもあり、ここでも笑わせにくるし、同時に切なくもさせてくる。

 

本当に恋愛ものとして、キッチリ出来ている。

なぜ、恋に落ちたのか?なぜ、自分が変わったのかなぜ、彼女を忘れられないのか?という問いにきっちりと回答が用意されていて、見ていて、主人公の気持ちに感情移入すればするほど悲劇的なお話に見える。そこでギャグを通して、いったんリセットさせているのが上手い。


特にラストなぜルーシーを想い続けてもいいのか?という問いに最高に象徴的になるシーンをキッチリ描きこんでいるのは最高にクールだ。

この瞬間の映像的感動こそまさに求めているものだ。

 

その後の流れは多少御都合主義的だが、それでもやっぱりいいラストを迎えている。

 

総論としては設定一発勝負のギャグ恋愛もののように見せかけて、かなり深いところまで脚本を練った作品であると言える。かなりオススメだ。