HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

ファミリー映画?「デッドプール2」

ファミリー映画(R指定)という内容だった。いや本当に家族向けの映画に仕上がっていて、驚かされる。(冗談じゃなく本当に)

デッドプール2

f:id:HAL8192:20180617161058j:image

 

あらすじは最愛の恋人ヴァネッサを取り戻し、お気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来からやってきたマシーン人間のケーブルが現れる。ヴァネッサの希望を受けて良い人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めた少年を守るため、特殊能力をもったメンバーを集めたスペシャルチーム「Xフォース」を結成するが……引用元 映画.com


前作以上のボリュームでかまされるボケの数々は正直、ストーリーを歪にする程だけれど、これぞデッドプール節といった印象でむしろ好感が持てる。

 


それでいてストーリーの骨格そのものはしっかりとしたヒーロー映画としていて実にカッコいい仕上がりになっている。


また、予算が増えたお陰か、アクションシーンの出来栄えが格段に上がっており、仕上がりは確かな出来栄えだ。


それでいて、キャラクターの立ち方はよく、主人公はもちろんのこと、ケーブルという未来から来た男というキャラクターがしっかりと魅せてくれる。また、ドミノという運を操るキャラクターも能力に見合ったステキなアクションを見せてくれる


また、中盤に作られるチーム結成描写もコメディ満載で素晴らしい。本当に無能集団を作ってどうするつもりなのか……


そしてラスト、本当にどうかしていると思われる内容のシーンの連続、これが意外と良かった。ギャグ満載ながら、物語の芯の部分にキッチリと触れつつ、シリアスな展開で感動させてもくる。


そしてマーベル特有のオマケコーナーでは本当に笑わせてもらった。(もう緑というだけで笑わせてくれる)

 

総論としては、過剰なまでにギャグとアクションを大盛りにした続編ながら、ストーリーも意外とキッチリまとめて来たなという印象の作品。完全にギャグに走っているシーンや間延びしたパロディもデッドプール節だと割り切って見ることが出来ればかなりの良作。