HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

朱に交われば「日本で一番悪い奴ら」

朱に交われば赤くなる、少しずつ主人公の持つ正義というもののあり方が変わってゆく作品。

「日本で一番悪い奴ら」

f:id:HAL8192:20180622172429j:image

 

あらすじは大学時代に鍛えた柔道の腕前を買われて道警の刑事となった諸星は、強い正義感を持ち合わせているが、なかなかうだつが上がらない。やがて、敏腕刑事の村井から「裏社会に飛び込み『S』(スパイ)を作れ」と教えられた諸星は、その言葉の通りに「S」を率いて危険な捜査に踏み込んでいくが……引用元 映画.com


本当にあった事件を元にしているためか、ある意味リアリティはたっぷりとあった。少しずつ朱に染まってゆく主人公の登りつめてからの転落劇が見事。


それにしても悪の描き方が上手い。なぜなら、主人公サイドが徐々に悪に落ちていくから、バランスが良いからだ。


とにかくこの映画は主人公の変貌っぷりを楽しむ映画とも言える。本当に純粋に「正義」のために努力している青年が変わって行く様が素晴らしい。


序盤の先輩から教わった「正義」とは何かという問いを徐々に壊れながら進んで行くのはなんとも見事。


周りを固めるキャラクターも個性豊かであり、人間的に欠落がある人ばかりが上手く配置されている。それが主人公との相互作用を生み出しやすいようにキッチリ配置されているのも見事だ。


ストーリーは現実をベースにしているらしいが、本当に「悪」に満ち溢れている。それでも、自分は「正義」だと思いながら愚直に突き進んで行く様は異常で素晴らしい。


また、バイオレンス描写もエロ描写もなかなか激しいものがあった。ここは当然見所でもある。

 

また舞台が北海道というのもある意味重要で、内地と切り離された文化圏である感覚が見事に表現されていた。


そして、実話ならではの事件の真相を語って終わるが、これがなんとも隠蔽体質になって終わっており、ある意味、この映画らしく一番の巨悪は誰なのか?というものを見せてもいる。

 

総論としては徐々に道を踏み外す主人公の行動を描き続け、それによって得られる成功もあるが、そんな生半可な内容には仕上がっていない。転落劇としての終わり方と膿が出切っていない後味の悪いこの作りがなんとも良い出来だと思わされる作品だった。