HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

ハイレベルなゾンビ&父親映画!!「新感染 ファイナル・エクスプレス」

ハイクオリティなゾンビ&父親映画!!

新感染 ファイナル・エクスプレス

f:id:HAL8192:20180717195329j:image

 

あらすじはソウルでファンドマネージャーとして働くソグは妻と別居中で、まだ幼いひとり娘のスアンと暮らしている。スアンは誕生日にプサンにいる母親にひとりで会いにいくと言い出し、ソグは仕方なく娘をプサンまで送り届けることに。ソウルを出発してプサンに向かう高速鉄道KTXに乗車したソグとスアンだったが、直前にソウル駅周辺で不審な騒ぎが起こっていた。そして2人の乗ったKTX101号にも、謎のウィルスに感染したひとりの女が転がり込んでいた。引用元 映画.com


近年稀に見るハイレベルなゾンビ映画。一種のジャンルムービーかつお約束を取り入れつつもしっかりと見せる部分では魅せる作品に仕上がっていた。


とにかくキャラクターの出来が素晴らしい。出てくる脇役が本当にクオリティが高く、説明台詞なしにキャラクターのバックボーンを見せてくる。例えば野球部の遠征とマネージャーの一連の絡みなど……


特にその中でも主人公の父親っぷりが素晴らしい出来栄えだった。エリートで、普段から子供とは仲があまり良くなく、仕事一筋なところから子供を命を賭けて守る父へと変貌を遂げるところなど素晴らしい。


また、その他のキャラクターも見れば一目瞭然で、良いやつかどうか分かるゾンビ映画ならではのキャラクターずけがされておりここが、意外と上手く作られていて一番怖いのはパニックになった人間という部分もしっかりとこなしている。


それでいて、横スクロールアクションのような新幹線でのゾンビとの格闘&逃走劇が素晴らしく、暗闇が弱点という面白いアイデアで見事に魅せていた。(新幹線での暗闇と言えばトンネルを使った演出)


また、脚本的にもかなり見やすい構造になっていて、本当に出来の良さを感じられる。


それでいて、ラストは感動までさせられ、本当によく作り込んである。また、最後の最後の演出も納得のエンドで本当に上手い。


総論としてはジャンル物故の歪さがあるため、欠点や矛盾や誇張があるため評価は少々下がるが、本当にクオリティが高かった。特に父親がとにかくいいキャラしていて、素晴らしく、ジャンル映画だからと毛嫌いせずに見て楽しんでもらいたい一作に仕上がっている。