HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

命は決して潰えない「ジュラシック・ワールド 炎の王国」

命は決して潰えない。

ジュラシック・ワールド 炎の王国」

f:id:HAL8192:20180725160026j:image

あらすじはイスラ・ヌブラル島に、火山の大噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られていた。そんな中、恐竜行動学のエキスパートのオーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに、恐竜たちを救うべく行動を開始するが、その矢先に島の火山で大噴火が発生する。引用元 映画.com


ロゴマークをラプトルにした方がいいのではないかというほどラプトル推しの今作。


予告編から想像できる内容の何倍も上を行き、かなり奥深い内容になっている。(予告編で見せすぎではないかと思ったが杞憂だった)


というよりも、火山と恐竜との間での逃走劇が主な話に見えるがそうではなく、相変わらず、テクノロジーの進化に警鐘を鳴らす内容だった。


ここのテーマ性は好き嫌いはあるだろうが個人的には悪くない。むしろ好みだとも言える。


それでいて、恐竜達の大暴れっぷりは健在で、行き過ぎていると思うほどに暴れまわっている。


特に今作の目玉のアイツはホラー映画としての役割をきっちり果たしきり、見事なまでに恐怖の対象を演じ切っていた。本当に恐ろしいの一言だった。


そして、ラストここも個人の感想が分かれるところだろうが、なんとも言えず、野生の強さを見せつけられた。(あとライオンとの絡みは可愛かった)

 

伏線布石はあまり、貼られていないように感じられたが、どうだろうか?人間パートは少々御都合主義的にも見える。特に檻からの流れは少々ロジック的にあり得難いのではないだろうか?

 

また、人間模様は今作の描きこみが薄く、思い入れがあるキャラクターは恐竜になるようになっている。(それはそれで良いが)

 

総論としては最初の予測とだいぶ違った方向に流れる作品ではあるが、これはこれでありと言ったところ。最終的なオチのつけ方もある意味生命の力強さが出ていて悪くない。個人的には悪くないオチのつけ方もだと感じる終わりだった。