HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

イケてない感じが良い「ナイスガイズ!」

ダサくてイケてない感じがたまらない。

「ナイスガイズ!」

f:id:HAL8192:20180806230511j:image
1970年代を舞台にシングルファーザーで酒浸りな男と何事も腕力で解決する男との探偵バディ物

 

あらすじはシングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチは、腕っ節の強い示談屋ヒーリーとコンビを組み、失踪した少女の捜索をすることに。そこへマーチの13歳の娘ホリーも加わることになり、3人で捜索を続ける。しかし、簡単に終わるはずだったその仕事は、やがて1本の映画にまつわる連続不審死事件、さらには国家を揺るがす巨大な陰謀へとつながっていく。3人は襲い来る殺し屋に命を狙われながら、事件解決にひた走るが……。引用元 映画.com


このかなりイケていない感じの二人の雰囲気から醸し出される空気感と物語のポップさが相まって、かなり魅力的に見れた。


いわゆるポップコーンムービーの類いで、物語に深みはないが、かなり対比的な作りとなる全体のバランスや伏線の張り方は見事といったところ。特に酒の使い方が素晴らしく、どう物語と関係していくか見せどころになって来ている。


シングルファーザーの父親のクズっぷりとそれに比例して見せる頭のキレ具合がたまらなく良い。


腕力の熊のような男の最高の一日についてのエピソードもああ、なんというか魅力あるものだった。

 

そしてヒロインと言っていいのか、娘の可愛さとたくましさが見られる内容に仕上がっていた。やっぱり女性の方が精神年齢の上昇速度が著しく高いな……


全体のまとまりを見ても、楽しくそれでいてダサい男たちの最後のカッコよさのようなものを見せつけていて良かった。

 

それでいて後味も爽快で、軽い気持ちで見るアクション映画としては文句がない出来栄えであり、それでいてタイトルの回収の仕方というか終わり方も綺麗でなかなか良かった。

 

総論としては多少、頭空っぽにしてお酒でも飲みながら楽しんで見る分には楽しめる作品だった。細かなアラはあるもののそれ以上に楽しめるものがあるタイプの作品なので、気楽に鑑賞して見てみよう。