HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

正統派続編! 「インクレディブル・ファミリー」

正統派続編!

インクレディブル・ファミリー

f:id:HAL8192:20180814201901j:image

あらすじはスーパーパワーを持つボブたち家族は平凡な日常を送っていたが、ある出来事をきっかけに、母ヘレンがイラスティガールとしてヒーロー活動をすることに。多忙になった彼女の代わりに家事と育児を任されたボブは、底知れない能力を秘める息子ジャック・ジャックの世話に悪戦苦闘。そんな中、新たな敵が家族の前に立ちはだかる。引用元 映画com


14年ぶりに復活した企画を前作の終わりすぐに持って来ていて最高のヒーローが帰ってきた。


自分にとって最高のヒーローがMr.インクレディブルなので、下手な続編はちょっとと思っていたが、最高の形で帰って来てくれた。


基本構造は前作のセルフオマージュ込みでよく出来ていた。妻のイラスティガールがヒーロー復帰して、夫のボブが主夫になってという前作の逆転構造で、女性の社会進出や男性の家事をどう扱うかなど現代的なテーマも盛り込んでいる。


それでいて可愛らしいジャックジャック。

赤ん坊にして最強の存在という見ていて飽きさせない素晴らしい力を持ったコメディキャラクターを出してくれた。(前作のモーツァルトを聴いてから能力に覚醒した!)


そして、算数が苦手なダッシュとの親子の葛藤やヴァイオレットの初デートの流れが見事にドラマパートを盛り立てていた。(ヴァイオレットがより魅力的なキャラクターに進化していてここも良い点だった)


それでいて、イラスティガールのアクションは強烈な出来栄えで、見ていてはらはらドキドキさせられる。


そして黒幕の正体とその主張もなかなかユニークな視点を持って描かれていて、ここも素晴らしかった。


また戦闘シーンは前作ではなかったある敵キャラクター達が登場し、続編らしくなっている。

(詳しくは書けないがここの描写はいいアイデアだったと思う)


話運びもロジックがしっかりとしており、キッチリ魅せてくれる。ここのロジックが見事に伏線を回収していて最後に向けて綺麗にまとまっていてとても良かった。


最後のエンドロールも見事な音楽で最高の盛り上がりだった。

 

総論としては14年ぶりの復活を素直に喜べるほど、正統派な続編でありながら、現代の家族問題をきっちり抑えた内容に仕上がり、なおかつ続編として素晴らしい質の高い出来栄えに仕上げていた。本当にファンとしては嬉しい限りだけれど、ここまでくると3も期待してしまう。それくらい良質な内容の仕上がりだった。