HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

アイルランドアニメーション! 「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」

アイルランドアニメーション!

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」

f:id:HAL8192:20180909145907j:image

あらすじは小さなベンは、いつもいろいろなおとぎ話や歌を教えてくれる心優しい母親ブロナーと、父親コナーと共に海沿いにある灯台の家で暮らしていた。赤ちゃんの誕生を心待ちにしていた彼は、ある晩、母に海の歌が聞こえる貝の笛をプレゼントされ、大喜びして笛を抱きしめたまま眠りに落ちる。翌日彼が起きると、妹のシアーシャを残したまま、母の姿はなく……。引用元 シネマトゥデイ


アイルランド神話を元にした物語で、絵のタッチはまるで絵本の中にいるような出来栄えの作品。それでいてそれが動き回るから本当に独特の画風をしている。CGでは真似できないだろう仕上がりになっている。いい意味でカートゥーンアニメをしている。

 


物語はある意味では王道の物語で、凄く普遍的な民謡に近い。また、何が悪なのかも見せ方が上手で、不思議な味わいを見せる。悲しみを瓶に詰め込んでも真の解決にはなりはしないと言う事を分かりやすく見せているの。そして海ではアザラシ、陸では人間の女性と言うセルキーと言う不思議な存在をテーマにしている。それが妖精たちを導く存在として見せてくれる。


この物語がハロウィンの夜が舞台となっているのは、より民話的な意味合いが強い作品だと捉えられる。やはりよく計算して王道を作り込まれている。


そして兄妹の物語として、しっかりと作られていて本当に可愛らしい展開になっている。お兄ちゃんの葛藤が物語を引っ張る元になっている。また個人的には忠犬の話でもあるので、ここはポイントが高い。(大型犬特有のアクションが本当に魅力的)


またタイトルにある通り歌がテーマになっており、こちらもよくできた作りになっている。とても耳に残る不思議な音楽だ。


物語の締め方も王道気味ではあるが、きっちりと終わっていて、ある選択をしっかりして終わっているのが好感が持てる。

 

それでいて子供と見たい道徳的内容もしっかりと込められていて、かなり深いテーマを扱っている。

 

総論としてはとにかく映像が独特で、絵本の中に飛び込んだかのように綺麗なタッチで描かれている点がポイントが高い。それでいて、物語は王道ながらアイルランド民話をモチーフにした普遍性を持っていて、見ているものを惹きつける魅力がある作品に仕上がっていた。