HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

行き場のない暴力。 「ブロンソン」

行き場のない暴力。

ブロンソン

f:id:HAL8192:20180921204923j:image

 

あらすじは1974年、19歳のマイケルは有名になるため、自作した散弾銃で郵便局を襲撃する。すぐに逮捕されたマイケルは7年間の服役を言い渡されるが、刑務所でも理由なき暴力を繰り返し、26年後にようやく出所を許される。かつての刑務所仲間の紹介で地下ボクシングの世界に飛び込んだマイケルは、「チャールズ・ブロンソン」のリングネームで活動を開始するが…… 引用元 映画.com

 

ただ有名になりたいから、それだけが目的で暴力の力を行使する。それは自傷する自分自身だ。力でねじ伏せる事に何の意味があるのか?


とにかく過激な暴力とその報いを繰り返し繰り返し受け続ける。それでは何も変わらないとわかっていながら、そうしないと生きていけないように……


ストーリーは主人公の一生を過激な暴力描写と共に見せていく。そこに等身大の人間の弱さとそれでも理解されたい承認欲求とが入り混じっている。


主人公の承認欲求はとんでもなく、例え刑務所の中でも消える事のないものだ。それが人間味を見せているが、やっていることは狂人じみている。それでも承認欲求を満たすためにあえてなのか狂人を演じ続ける。


やはり英国で最も知られた犯罪者の名にふさわしいその狂人っぷりはどうかしている。ここまで行くと例え有名になるためだったとしても十分にイカれている。


けれど、映画を見ていくうちに彼の行動は理屈にはあっていないが、感情の面では理解できないでもない不思議な魅力がある。(盗んだ指輪である事をしでかす所など)


ただ、欠点としては暴力描写は悪として描く映画ではないので、度重なる暴力がむしろ肯定的に描かれているようにすら感じられた。(彼の生き様そのものが暴力の肯定なのだから仕方ないが)


また他にも彼のアートの才能がいかほどだったのかちゃんとは描かれていない、またアートと真剣に彼は向き合ったのかどうかが正直分からないで終わっている。(まあ、暴力が彼のアートだとするのが一番分かりやすい結論だが)


折れない心の持ち主で、何があっても自我を貫き通すこの心意気は確かに素晴らしい物があった。(例え暴力に訴えていても)

 

総論としては過激な暴力が目につくが、真の目的のために心が一切折れていないその姿こそこの映画の真の魅力だと言える。ただそれを伝える手段があまりにも原始的な暴力という手段なのが難点といったところか。