HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

外道の見方「1日で映画を24本見る方法」

外道の見方「1日で映画を24本見る方法」

f:id:HAL8192:20180929192623j:plain

誰にもオススメできないし、やって欲しいわけではないけれど、数年ほど前に一気に1日で一気に24本もの映画を見た。

 

物理的に不可能だと思われるかも知れない。1日に24時間しかないから90分はあるだろう映画をそんなに見れるわけではないと……

 

だが、そんな蛮行を行う手段がある。まず絶対条件として深夜0時から24時まで一睡もしないのは確定で、軽食をあらかじめ用意して置くことも重要になってくる。

 

さて、これだけでぶっ続けで、映画を見続けたとして、90分映画だけなら理屈上16本見ることが可能になってくる。

 

それでもまだ時間の壁があるが、それを乗り越えるのが「倍速機能」だ。

これが、この蛮行の最も恐ろしい所であり、最も苦しい所である。映像と音声を2倍速再生させれば、一気に見れる本数が格段に上昇する。しかし、せっかくの映画を噛まずに飲み込むようなこの行為は本当にお勧めできない。

 

ただ、この時は一日でどれだけ映画を見られるかということへの探求心からやってしまった。観た映画の内訳はこうだ。

 

曇り時々ミートボール
曇り時々ミートボール2
銀河ヒッチハイクガイド
ヒックとドラゴン
ハロルドとモード
僕は主人公だった 
クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲
エレファント
12人の怒れる男
思いやりのススメ
鍵泥棒のメソッド
スタンド・バイ・ミー
ある日どこかで
霧島部活やめるってよ
彼女はパートタイムトラベラー
プラダを着た悪魔 
シェフ 三つ星フードトラック始めました
スナッチ
ビッグ・アイズ
クロニクル
モンスター上司
チョコレートドーナツ
ミッドナイト・イン・パリ
キックアス
エンドロール途中までトゥルーマン・ショー(あとちょっとで25本だったがエンドロールで時間切れになってしまった)

 

ちなみにほとんどの映画は過去に一度以上鑑賞積みで、内容は頭に入ってきている状態だった。それでも24時間耐久映画は大変だった。まず生理現象は大したタイムロスにならないが、じっとパソコンの前で、20時間以上画面とにらめっこする集中力がまずなくなってくる。それでいて倍速再生故情報が過多に放り込まれるため、頭がずきずきと痛むような感覚になってくる。それとアニメ映画のように少なめの観賞時間の作品を多めに見るようにしたが、それでももう2時間近い作品もあるため、もう少し改良が入れられた。まあ気分で見たい映画を選んでいたわけだが。その中に一作見たと思っていたが、見ていなかった作品があり、これは信条に反するがチャレンジ中だったので倍速で見た。(やはり初見作は頭に入ってこないところがあって、厳しいものがあった)

 

これだけのことをして、この日は丸々休日をつぶしたわけだが、自分は24本見たぞという記録しか頭には残っていない。そもそも映画を一日にこんなに見ても仕方がないだろう。

 

我ながら馬鹿なことをしたものだと思っている。それでも何本一体見れるのか気になっていたので、探求心に任せてしてしまった。愚行だが、まあこんな無茶もできるのはある程度、時間に余裕があるときのみだっただろうから、後悔はしていない。

 

しかし倍速機能は初見時には使わないのはまあ当然としても、2回目以降の観賞ではありだと思っている。娯楽としてみるときに倍速は物語流れをより早く見せてくるので、その映画をより深く理解することが可能になってくる。

 

たとえば、通常速度で見終わった映画をそのあとすぐに2倍速再生で見返すことで、その映画の序盤からの流れや伏線の意図を理解しやすく習うため、多少外道だが、ありだと思っている。当然異論は認める。