HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

このシリーズで最も好きな作品! 「ハリーポッターとアズガバンの囚人」

このシリーズで最も好きな作品!

ハリーポッターとアズガバンの囚人」

f:id:HAL8192:20181007094928j:image

あらすじは人々の噂では、囚人シリウス・ブラックがアズカバン監獄を脱獄し、ハリーの命を狙っているという。ホグワーツにはブラックを捕縛するためという名目で、アズカバンの看守たち=人間の魂を吸い取る恐ろしい吸魂鬼ディメンターたちが配備される。「闇の魔術に対する防衛術」の新たな担当教授として就任したリーマス・ルーピンらの下で、学校生活を送るハリーは、やがてブラックがかつて父の親友であったこと、そして親友である父を裏切り闇の魔法使いの手下になったことを知るが……引用元映画.com


アズガバンという魔法界の刑務所から恐ろしい囚人が逃げ出したというところから話が始まる。


とにかく新キャラクターの闇の魔術の防衛術講師のルーピン先生と囚人シリウス・ブラックが最高にCOOL!!!両者のルックスが本当に実在感があり、素晴らしい演技演出をこなしている。


ハリーポッターシリーズで最も楽しさとシリアスさのバランスが、作品上最も取れているのが本作。(これ以降は人死がついてまわるため、シリアスにならざるを得ない)


何よりも「選ばれしもの」である主人公が、明確に重要な「呪文」を会得するのは嫌でも心踊る!

 

その呪文を覚える理由になる、ディメンターというアズガバンの看守が実に恐ろしい見た目をしており、「死」の象徴である感じがルックスからしてそう見える。

 

また先生一向にハグリットが加わるのも楽しいポイントだ。そしてその授業で現れるヒッポグリフの「バックビーク」のそこにいる幻獣感、グリフォンにもよく似たルックスだが、本当に魔法生物がそこに実在している感じがよく出来ていた。その生物が飛行するシーンは本当によく出来ていた。


また何より、いつもの3人組含め、キャラクターの完成度が良い!特に暴れ柳の近くで起こるスネイプ先生のとっさのあの動作とか最高!

 

物語も子供と若者との間の最後の瞬間の物語で、3人組の関係性に性差的な意味合いでの友情がギリギリ保たれている最後の作品なので、ただのワクワクのアドベンチャーも最後と言える。(これからも友情は続くが)

 

また物語にあるアイテムが登場し、一種反則とも言える手段で物語を解決させるが、これが今回限りだから非常に良い。(流石にこれがあると魔法界でも物語に支障きたしてしまう)


また今後のシリーズの事を考えると、明確にハッピーエンドと言えるのが、まあここまでだというのもちょっとあるかも・・・

 

総論としては純粋に魔法学校を楽しめるのが、今作までで、これから物語は一層暗くなっていくので、明るいハリーポッターシリーズが好きな自分としては今作が最も好きな作品だ。