HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

連続殺人鬼の心理って? 「アイム・ノット・シリアルキラー」

連続殺人鬼の心理って?

アイム・ノット・シリアルキラー

f:id:HAL8192:20181211171809j:image

 

あらすじはアメリカ中西部の町にある葬儀屋。16歳になる息子のジョンは、遺体の防腐処理を手伝う影響からか、死体や殺人に異常な関心を示し、ソシオパス(社会病質者)と診断される。ある日、町で連続殺人事件が発生した。無惨にも切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られた死体を目にしたジョンは、殺人鬼が近くに潜んでいることを実感し、その存在に強く惹かれていく。引用元 映画.com


快楽殺人鬼の物語は山のようにホラームービーで語られて来ているが、それになりたくない主人公というものは面白い題材だと思う。


そもそも彼がソシオパスという社会病質者である事の原因に実家が葬儀屋の息子で、いつも死体と触れ合っていたからと言うものがあると推察される。


それでいて、病的なシリアルキラーに自分がなってしまうのではないかという感覚に陥っている。これがなかなか無い発想の作品で、ホラー好きならここまでいかなくても歴代のシリアルキラーの殺し方や生き方に憧れ、また恐怖したことがあると思う。


そのせいで、カウンセリングにも通っているが、そのカウンセラーとの会話も独特だ。そんな平穏な生活の中で、殺人事件が起こり、現場には不思議なヘドロのようなものと、体の一部が欠損した遺体が残されている。


これが映画の始まりなのだが、この遺体を防腐処理する過程を実際に主人公と家族が職業として、行うのがなかなかグロテスクで、印象的。また、主人公が死体が欠損している事を知っている理由もちゃんとしてる。(最初に内臓の一部がないことに気づくのが主人公)


そこから、謎の連続殺人と主人公の犯人探しが繰り広げられるが、割と中盤で犯人が見つかるが、なかなか面白い設定で描いている。ここはこの映画に何を求めているのかという点で、結構賛否が分かれる内容になるが、私は肯定的に受け取った。


ここから、完全にジャンル映画として変わっていって、演出含めて頑張ってるB級映画だと思う。


特に、タイトルにあるこの映画の趣旨がかなり面白い演出で終わっているのも良い。

 

確かに杜撰なところもあるし、ジャンル映画特有の味付けもされているが、個人的にはまあ、有りな一本。


死というものをどう映し出すか、かなり現実的にも、比喩的にも映しているのが良い。