HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

映像美を楽しむ王道の作品 「ダンボ」

映像美を楽しむ王道の作品

「ダンボ」

f:id:HAL8192:20190330202751j:image

 

あらすじはサーカスで生まれた象のダンボは、耳が大き過ぎると笑われていた。だがサーカスの元スター、ホルト(コリン・ファレル)の娘ミリー(ニコ・パーカー)と息子のジョー(フィンリー・ホビンズ)は、家族の一員としてダンボと接していた。ある日ミリーとジョーは、偶然ダンボが空を飛べることを知る。そのことが、ほかのサーカスを経営するヴァンデヴァー(マイケル・キートン)の耳に入る。引用元 シネマトゥデイ


この作品を見る前にネタバレとして、ダンボが空を飛べるということを知っていないのは無理があるだろう。そもそも映画の序盤に飛べることは示されているからそこでのドキドキ感というものは全くないといっても良いだろう。


しいて言えばいつ飛ぶのかというものだけでのドキドキはあるが最終的には飛ぶとわかっているから、なんとも言えない。

 

それでも流石といったところだが、滑空するダンボの姿は魅力的で夢のような感動的な場面に力技せで持ち込んでいる。良いも悪いもなくとにかく素晴らしい。飛ぶということはそれだけで幻想的だ。

 

ただ空を飛ぶという一種の幻想を楽しむ為にこの作品を見るのであれば楽しめると思う。それが本作の魅力であり、一番の力強さでもあるのだから。


前作からの小ネタである、ネズミを怖がる像やピンクの像、魔法の羽などのギミックの使い方は上手かった。特にピンクの像の扱い方は前作同様摩訶不思議な映像表現で攻めた作りになっていた。あれは良かった。


しかし物語を大幅にシンプルにしたせいかある程度先の読める展開になっているように感じる。ディズニーで直接の人死が出るわけないし。(まあ母親の不在やサーカスのピンチといった目には見えない悲劇は盛り込まれていたが)


終わり方は御都合主義的に終わっているが、その分ハッピーエンド感が強いが前作の終わり方のサーカス最高エンドも良かったと思うので、ここは好みだと思う。


それと端役の人々の活躍が結構生かされた出来栄えだったので、そこをプラスに捉えても良いかもしれない。

 

サーカスという舞台をかなり大きく広げて、そこでの暮らしを描くのも悪くなかった。端役も悪くない。前作にネズミさんの位置に子供をおいたのも喋るネズミという不可思議さから出来るだけ現実よりにしたための工夫と考えれば悪くない。

 

とにかく「像が空を飛ぶ」この一点の魅力を最大限に活かした作品だった。