HAL8192のモノリス達

何故、自分がポンコツになったかを嬉しそうに語る。

有名アニメーションの実写化! 「アラジン」

有名アニメーションの実写化!

「アラジン」

f:id:HAL8192:20190622123506j:image

 

あらすじは生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……(引用元 映画.com)

 

あの有名作品の実写リメイクだったから心配していたが、この作品は良いリメイクだった。特に狂言回しのジーニーというランプの魔人をウィル・スミスがやっているというこの座組みが成功だった。とにかく無茶苦茶をやるコメディ演技とド派手な演出、過剰な音楽と多幸感が溢れる彼の姿は本当に愛おしい。特に始めてランプから出たところの楽しさが最高!!!

 

それでいてジーニーの全能感の裏にある囚われの人物という人間味が良い。ここの楽しさ満載のジーニーが急に真剣な目をするのがギャップがあって良い。


また全体のミュージカルの質も高く、聞いていて、観ていて、感じていて、良質なエンターテイメントに仕上がっている。本当に映画館でリズムを取りたくなってくる程だ。


さらにアラジンという主人公がなかなか悪くない。ただのコソ泥という所から人間味のあるキャラに映すアクションの連続は楽しいし、ヒロインであるジャスミンというプリンセスも現代的なリーブトがされており、知的で国の事を思う悪くない人柄になっている。ただ、絶対的な悪と言えるジャファという悪役が実に良い。こいつが、ちゃんと過去のコイツの事を考えると主人公と対になっているのも良いし、願い事の使い方も行動理念も悪に徹していて、勧善懲悪だというのもディズニー的には楽しい所だろう。

 

アクションシーンの質の高さが異常に高いのに、それに負けないくらいコメディセンスもあり、最後には感動も掻っ攫っていくこの感じは万人受けするタイプの映画だ。たしかにちょっとスケール感が小さい感じやランプの伝承の謎、オウムのダイヤの原石発言、ラスボスの倒し方の前振りなどもう少し詰めれる気がしないでもないが、画面内迫力が全てを洗い流してくれる。子供から大人まで楽しませる気でいるディズニーは本当に凄いが、よくこのアニメーションを実写化しようと、勝ち目があると思ったものだ。